toggle

ABOUT

From 2005 to 2008, I worked in a French design studio in Ho Chi Minh City, Vietnam. In there, I met artisans who are specialized in the art of hand-embroidery , and I realized that the creations of hand-embroidery are boundless. At the same time, I was faced with the reality that hand-crafted products are being neglected in the world of mass-produced fashion. In fact, the number of artisans are decreasing day by day. I think this is a serious problem not only in Vietnam but also in the world.
When I started “costa-japan”, I thought I just wanted to create something using hand-embroidery with artisans I met in Vietnam. But now, my intention has gradually changed: I must protect these precious hand-embroidery technique as long as possible to prevent them from extinction.

Here, I would like to share one of my experience. One of our garment was stolen in a shop before. When I heard about it, I dissolved into tears in front of many people there. Maybe, a stolen garment is not a big deal in this consumerism society. However, for me, it wasn’t. The faces of all our artisans was coming up to my mind, and I felt we were insulted. Everyone, the sewer, embroidery artisan, organizer etc. who were involved with that one garment are our precious friends. It was a very sad experience. But at the same time, I realized that I’m putting my heart into each and every piece of garment. I couldn’t convince myself that “ It was stolen…

”Now, the purpose of“costa-japan”’are the following, 1: to be passionate about making each piece of garment with our friendly and professional artisans, 2: keep making these garments with them and not letting hand-embroidery in Vietnam to be extinct and 3: provide consumers with true, pleasing buying experience through our garments. Thank you.

– Ruiko Kurihara

私は、2005年から2008年までベトナムにあるフランス人の経営するデザインスタジオで働いていました。そこでプロの職人による手刺繍と出会い、布と糸で無限の表現ができることを知りました。それと同時に、目まぐるしい大量消費社会の中で手仕事商品の居場所がどんどんなくなっていること、それによって職人の数が減少し、確かな技術を持った人がいなくなりつつあることも知りました。今も現場で深刻な状況が続いています。

costa-japanを始めたきっかけは、きれいな手刺繍で仲良くなったベトナムの職人たちと洋服を作りたい、と何気ないスタートだったのですが、今では手刺繍を守りたい、という想いが強くなってきているように思います。
実は、過去に商品を万引きされたことがあるんです。そのことを知った私は恥ずかしながら人前で泣いてしまいました。大量生産の場で1枚盗まれたことは大したことじゃないのかもしれませんが、私にはその1枚に大切な縫い子さん、刺し子さん、管理してくれる人の顔が思い浮かび、その人達の仕事を軽視されたような気がして、悲しくて仕方がなかったのです。1枚の商品を店頭に並べるためにバトンを渡してきた人は全員、私の大切な友人であり、プロフェッショナル達です。

私はその苦い経験によって、1枚の商品にどれだけ想いを込めて作っていたかを確認することができました。「残念、盗まれちゃった。」ではすまないんです。
まだ未熟ではありますが、様々なもの作りを通して経験を得た現在のcosta-japanの活動の目的は、1.大切な人達と一緒に心をこめて何かを創り出すこと、2.尊い手仕事がなくならないように作り続けること、3.そこでできた商品によって消費者が本当の意味で満足する買い物ができること、であると考えています。

栗原瑠衣子